<< ショッピング ―Cath Ki... 陽射しのなかの中世の街① >>

陽射しのなかの中世の街②

玉石が敷きつめられた小径、煉瓦と古木の風格ある家々。
オレンジ色の屋根が重なる、湾に注ぐロザー川に囲まれた
中世の面影のままの街、Rye ライ。
f0224459_16502434.jpg

海に囲まれた重要な港町として繁栄するも
15世紀ごろから海水が引きはじめ地形が変わり、
丘の上にあったこの街だけが残されたそう。
f0224459_1652415.jpg
f0224459_1652225.jpg



f0224459_16545557.jpg

そんな栄光と波乱の
歴史の舞台のひとつ
老舗ホテル「マーメード・イン」。



18世紀、大航海時代に
金・銀・ウールを
不正輸出するスマグラー
(密輸業者)の巣窟に
なった背景も持つという。



はるか昔、この古雅な館に
夜毎、スマグラーたちが窓辺に腰掛け、飲み騒いだと聞くと
タイムスリップしたような不思議な感覚になりました。
f0224459_1658733.jpg



レストランでは、迷わずシーフード料理を。


多くのアーティストも訪れるという歴史ある
この小さな街にすっかり参ってしまいました。



f0224459_17243768.jpg



この次はここだけを訪れるためにイギリスに来てもいい、
とさえ思えた独特の空気が流れる街でした。
[PR]
by donario | 2010-07-23 17:07 | Britain ~travel View
<< ショッピング ―Cath Ki... 陽射しのなかの中世の街① >>