カテゴリ:Diary( 42 )

オトナ女子会

 
ちょっとニガテ、の渋谷は迷わず宮益坂方面へ。

f0224459_14134441.jpg

個室でいただく懐石ランチと、穴場カフェのハシゴで、トーク炸裂☆

話題は仕事にはじまり、オット・コドモ・両親にペット、
アクセサリーから"お墓"事情まで・・・ 「オトナ女子」は実に忙しい!




  *************



 ベージュニットに 3wayクロスペンダント*

f0224459_1585454.jpg

  メンズのVネックに
  すっきりとしたラインを重ねて。



赤みの少ないベージュは相性がいいと思います。

特にファーコートなど冬モノのボリューム感には
シルバー色の方が抑えめにコーデできてオススメです。





           *クールなボリューム感・・・3wayクロスペンダントのご紹介はコチラから >>
[PR]
by donario | 2011-02-17 15:27 | Diary

「アフリカの日々」

 
雪降りで静かな日。
"大切にしているので" ふだんは手にしない作品を、久しぶりに観ることにしました。


f0224459_1894773.jpg
  原作アイザック・ディネーセンの自叙伝
  「Out of Africa」(アフリカの日々)の映画版。



アフリカの雄大な自然と、大戦下の植民地時代を背景に
デンマーク貴族出身の主人公の生き方を通し、
結婚、事業、愛、人種、別れ、信頼など人生の機微を
壮大に描いたストーリー―



数々の困難と運命を"淡々"と受け入れる M.ストリープ演じる
カレンが美しい。
音楽、衣装・美術も秀逸。


当時のヨーロッパ女性のサファリスタイル、
アイボリーと
ターコイズアクセサリー*を重ねて。

f0224459_18194975.jpg
             
 


   ********************


f0224459_18292915.jpg

20年以上も前のこの映画にはじめて触れたのは だから・・・高校生のとき。
それからの様々な"縁"もあったからなのですが、私はその後2回アフリカに渡航しています。

その原動力の基となった大切な作品。
ケニアの地で、実際の風景の中でこの原作を読み返した時間が
私にとっての 「アフリカの日々」です。
[PR]
by donario | 2011-02-11 19:00 | Diary

素敵な午後

 
 
 ご友人のバースデープレゼントを選ばれたい、とのリクエストをいただき
 大切なお客様と待ち合わせ。

   お供は贅沢なアフタヌーンティー。

f0224459_9283078.jpg
                                    @MANDARIN ORIENTAL TOKYO


 アイテムを前に好きな人を思うお客様の笑顔、それを見届ける特別な役。
 アクセサリーをお届けする仕事をしていて、うれしく思う瞬間です。




f0224459_9373278.jpg




ラウンジの落ち着いた照明の下でもキラキラと
存在感のあるアクセサリーたち・・・ ★ ドナーリオ・リングへ ★





 
 
 
 
[PR]
by donario | 2011-02-04 11:52 | Diary

女子会にてお披露目☆

 
 
 
 週末、女子会へ。
 起業されたり、個人で仕事をもっている女性たち限定で
 メンバー構成された由緒正しき会なのです。


f0224459_2159151.jpg


このたびは、ドナーリオショップのブースを作り
HPのアクセサリーたちを直接見ていただくことに。


f0224459_22471840.jpg
   ご紹介だけのつもりが、お買上げいただき
   さっそく身に着けてくださったり・・・
   本当にありがとうございました。


アクセがより輝く瞬間でした☆
[PR]
by donario | 2011-01-25 11:20 | Diary

初春の集まりに・・・*

  
 

f0224459_13381422.jpg

 年明けからしばらく、日頃なかなか会えない人たちとの再会が続きます。
 東京から地方へ海外へ、仕事やおヨメにいった友人たちも里帰り中で、そろって新年会。


 年々、クリスマスのモミの木より<松・竹・梅!
 初春の晴れやかさ、新年の集まりが楽しみになってきました。
 

 これから一年の抱負などもマジメに話したりして、
 やはり年初めには、前向きになる特別な空気感があるようです。




        *************



f0224459_1523834.jpg
                      Comero ボリュームフラワーリング】 


 フラワーモチーフ、明るい気分でずっと身につけています。
[PR]
by donario | 2011-01-14 15:25 | Diary

初詣

 
 家族と伊豆にてお正月。
 とにかくお天気で気持ちよかった。
 富士山もたくさんみてパワーをいただく。

f0224459_15432686.jpg


初詣に訪ねたのは 「三嶋大社」。
山の湧き水をたたえた清らかな自然に囲まれた社。
f0224459_15441734.jpg


f0224459_15461652.jpg


山森農産の守護神、大山祇命と 
福徳・商売の神、恵比寿様の御二柱の神を総じた
三嶋大明神(みしまだいみょうじん)は
奈良・平安時代の古くよりこの地に鎮座し
東海随一の神格と考えられ、
この社名の「三嶋」が、地名となったそうです。






  鎮守様に家族の健康を願ってきました。
f0224459_16223693.jpg
                      こちらの御守。五穀豊穣を願った刺繍のとても可愛らしい包みです。


  指先は華やかなリング *フラワーリング* >>詳しくはコチラから
  新年、ショップのアイコンアイテムです。

  
[PR]
by donario | 2011-01-11 17:17 | Diary

クリスマス・マルシェ

 
 

冬の手元には<ブレスレット×バングル使いを。

f0224459_023542.jpg

ダークなニットの袖口にキラキラとラインが光り、
賑やかな気分でクリスマスの準備をしています。


f0224459_1623791.jpg


f0224459_16273948.jpg


マルシェ・ド・ノエルへ。


   モミの木のクリスマスツリー発祥の地とされている
   フランス・アルザス地方の都市、ストラスブールの
   最も長い歴史を誇るクリスマス・マーケットが
国際フォーラムで再現。



f0224459_1720899.jpg





  シャレー(小屋)に本場ならではの
  クリスマスグッズが並んでいます。



f0224459_17202835.jpg


  アルザス地方の発泡ワイン、
  Crément Rosé、Crément Blanc de Blanc 
  などをお買上げ★





丸の内の街並みの中に、雰囲気を楽しめるステキな一角が出現していました。



 
 
[PR]
by donario | 2010-12-23 13:06 | Diary

冬へのカラー

 
 
ツリーを飾ってから暖かく、ずいぶん遅くまで紅葉を楽しんだり。
最後まで落ち着かない天候でしたけど、
足を運んだ先々で見た「季節の色」をふりかえると
ちゃんと順に冬へと向かい変わっているのですね・・・オシャレも一緒★


f0224459_11455352.jpgf0224459_11451324.jpg

f0224459_11481767.jpg
f0224459_114948.jpg





 
 

f0224459_11501725.jpg

 

 来週はきっとクリスマスカラー・一色。
  みなさま素敵な週をお過ごしください。


 
[PR]
by donario | 2010-12-18 11:55 | Diary

-Advent-

 
 
f0224459_14454195.jpg

アドヴェント二週目の今日、ツリーを飾りました。
クリスマスの準備はやっぱり楽しいですね。 いい日を迎えられますように。


      クリスマスカラーのDonarioショップは
             コチラから★



 
 
 
 
[PR]
by donario | 2010-12-05 16:19 | Diary

gibier

 
 
f0224459_10384059.jpg

週末、記念日で
お祝いの時に訪ねるレストランへ。

f0224459_10392093.jpgf0224459_1039365.jpg




f0224459_12185227.jpg






友人たちといただく新しいレストランも好きですし、
受け継いだクラシカルな料理を
背筋を伸ばしていただくのも嬉しい。


お皿にはコクのある秋のゴチソウ。
メインはジビエからエゾ鹿を選びました。





クラッシックな雰囲気に、ハミルトンのアンティークを着けて。
漆黒のリザードと同カラーの テニスブレス&リング。
f0224459_1125978.jpg


Comero ブラックCZ・テニスブレスレット**
       ブラックジルコン・リング**




 
[PR]
by donario | 2010-10-25 12:22 | Diary